データ競馬予想『激走!データ競馬+(plus)』

JRA(中央競馬)をデータで攻略!騎手データ、調教師データから種牡馬、オッズ、競馬場データ、さらには重賞過去10年のレースデータなど幅広く分析!競馬予想、馬券力UPのための濃い競馬データをお届けします



  ■競馬ブログ更新情報■

<< 中山芝2200mの傾向とセントライト記念登録馬の中山芝実績 | main | 阪神芝1800m・外/騎手・種牡馬データ(2019ローズS) >>

【セントライト記念】データ消去法でさらに絞込み!




【データ競馬公式LINE】始まりました!
《高確率&高回収率》データを毎週お届けしています。
↓友だち追加してね↓
友だち追加

 

【セントライト記念】データ消去法でさらに絞込み!

セントライト記念 ジェネラーレウーノ


セントライト記念データ消去法(1)
・当日5番人気以内

以上の該当馬を除く
間隔5週〜9週だった馬(0-0-0-29)


 
セントライト記念データ消去法(2)
・前走斤量53kg以下

以上の該当馬を除く
(0-0-0-42)

⇒消去法の詳細は競馬ブログランキングのブログ紹介欄に掲載中!

ランキング30位前後です。

競馬 ブログランキングへ


消去データから残る馬・・・は、出走馬確定後
メルマガにてお届けしています。

↓ ↓

【激走!データ競馬メルマガ】登録はコチラから
メールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください
 

空メール登録もできます。

※携帯電話・スマートフォン受信設定について
迷惑メール設定、ドメイン指定受信など、PCからのメールを制限している方は
のアドレスから配信されますので
受信設定をお願いします。


 

今回は馬連6点!的中率60.8%,回収率171.6%『超高回収率〔馬連*6点〕馬券法』買い目配信付


_convert_20190911101206
 
馬連6点買いで5年連続プラス回収!
的中率60.8%,回収率171.6%!

『超高回収率〔馬連*6点〕馬券法』買い目配信付

私が配信しております「データスコア出馬表」を活用し
基本6点買い(1頭軸-相手6頭の流し馬券)で5年連続プラスに
なっている【馬連】馬券法をお届けします!

的中率は60.8%、回収率は171.6%となっており、
2015年から2019年9月までの年別成績は以下のとおりです。

年別成績
2019 的中率60.8%、回収率188.4%(※9月まで)
2018 的中率64.6%、回収率206.7%
2017 的中率66.7%、回収率155.8%
2016 的中率53.6%、回収率140.5%
2015 的中率59.7%、回収率175.4%

 
『超高回収率〔馬連*6点〕馬券法』について

馬券種 馬連

買い目点数 基本6点買い(1頭軸-相手6頭の流し馬券)
※稀に同指数値の馬がいる場合7点(1頭軸-相手7頭の流し馬券)になることがあります。

前日予想 可能

検証結果
的中率 60.8%
回収率 171.6%
(※検証期間2015年7月〜2019年9月)

対象レース数は週1〜5レース程度。
対象レースなしの時もあります。

買い目を出すのに必要なもの
・新聞に掲載されているような基本的な出馬表
・データスコア出馬表
※ブログで該当レースを2019年12月末の開催まで掲載サポートを
しますので、別途、データスコア出馬表の有料会員の申込みは
2019年12月末まで必要ありません。

サンプル(8/25小倉3R未勝利)

メールによる買い目配信
今週末の開催〜2019年10月26日-27日の開催まで

⇒内容詳細・お申込方法はこちらから

_convert_20190911101206



「激走!データ競馬+(プラス)」をお友達にも是非!
↓ ↓
 
メールメールで送る


2019中央競馬G2データ | permalink | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://keiba.joywork.jp/trackback/1034479
この記事に対するトラックバック

新着記事



[データ競馬NEWS!!]

[データスコア出馬表]

[重賞データ分析]

[地方競馬データ配信]


激走!データ競馬+(plus)
↓登録してね↓


My Yahoo!に追加
Yahoo!ブックマークに登録
Add to Google
このエントリーをはてなブックマークに追加


[競馬データ配信・予想]




[競馬場コース別データ]

[騎手別データ]

[データ競馬攻略法]


まぐまぐ殿堂入りメルマガ
(読者数10000人)

メルマガ登録・解除

読者登録規約
powered by まぐまぐ!
 

QRコード
QRコード
激走
↑管理人のブログはコチラ


金融業者